福祉活動への参加は地域貢献です

障害者や高齢者、子供たちに住み良い町づくりには、市民の関心と活動が不可欠です。
しかしながら、そのような家族を持たない人たちにとっては、なかなか関心の目が行きにくいことかもしれません。
今では施設や介護サービスを提供する事業所が増え、行政でも取り組み続けているとはいえ、まだ先の話と考えている方も多いでしょう。
ところが実際、家族介護が必要になってから福祉に関する様々な情報を得ることは困難な時代になってきたようです。
誰にでも訪れる可能性が高い問題ですので、今から少しずつ知識を身につけておくことが必要です。
そのためには、その地域で行われるイベントや市民講座への参加が良いかもしれません。
また、近隣施設へのボランティアも介護や福祉の現場実態を見学できますし、地域貢献にもなるでしょう。
社会福祉とは誰もが様々な状況において平等に生活を営むことが出来ることが理想です。
現実には難しいことばかりかもしれませんが、まず関心を持つことから始めることが第一歩です。